安全への取り組み

安全への取り組みあくなき事故ゼロへの挑戦

片岡運輸グループでは、事故を防止するためトラックに最新の設備機器を導入しています。
最新設備の設置だけではなく、それらの機器から得られたデータを分析し、安全運転のための情報を社内に共有しています。

安全に関する設備

片岡運輸グループでは、安全を確保するため、車両に下記の設備を搭載しております。

ドライブレコーダー
100%完備

ドライブレコーダー100%完備
もしもの事故のときのためドライブ・レコーダーを搭載しております。また、録画したヒヤリハット動画を使ってKYT活動を行っています。

バックモニター
100%完備

バックモニター100%完備
バック走行時の事故を防止するため、弊社の車両にはバックモニターを標準装備しています。

デジタルタコグラフ
100%完備

デジタルタコグラフ100%完備
ドライバーの運転を数値化し、記録するデジタコを標準装備しています。急ブレーキ急発進のデータを集め、安全運転の指導をします。

月次ミーティングの実施

月次ミーティングの実施
毎月1回乗務員が集合し、荷物の積み方や死角についてなどテーマを決めてディスカッションを行い、安全意識の向上に努めています。

エアバック搭載

エアバック搭載
もしもの事故のとき、ドライバーの怪我を軽減するエアバックを全車に搭載しています。

KYT講習の実施

KYT講習の実施
チームごとに安全意識を高めるためKYT(危険予知訓練)を行っています。

アルコールチェッカー

アルコールチェッカー
出勤時、退社時にアルコールチェッカーを義務付けています。

Gマーク認定

Gマーク認定
片岡運輸グループでは社団法人全日本トラック協会による「Gマーク制度(貨物自動車事業安全性評価事業)」の認定を受けています。

積荷取り扱いに関する研修

積荷取り扱いに関する研修
お預かりした大切な荷物をお守りするため、荷物の積み方など取り扱いに関する教育も定期的に行っています。

表彰制度

表彰制度
デジタコによって集計された安全運転運行データを分析し、優良な運行をしているドライバーに対して表彰をする制度があります。